ナビゲーションをスキップ

樹輪舎 ジュリンシャ 京都

ホワイトアッシュのオーダーキッチン

夏前に納品したオーダーキッチン

ご依頼主は私の恩師
キッチンをリフォームされたいとのことでしたので義理父の工務店とタッグを組んで工事させていただきました。

キッチン自体は特別なことはせず使いやすさを優先してデザイン
掃除もしやすいように扉などは無垢のアッシュ材に着色ウレタン塗装としました。

いつも悩むゴミ箱置きですが、MUJIのゴミ箱を利用し専用ワゴンをつくり見た目も気分的にもかなりスッキリ

奥のスライドストッカーもワンオフで制作

間仕切りで隔てて横にも収納を製作
キッチン前の窓からは植栽が見え、掃き出し窓の外にはかなり大きな家庭菜園。(現場に行くたびに色々な野菜をいただきました)
天窓も開いて床暖も入りかなり快適なキッチンになったように思います。

先生ありがとございました!

2016/12/21, 水曜日
[ 作品事例 ]

No Comments

ナラのダイニングテーブルセット

昨年末にナラのダイニングテーブル、椅子、ベンチを作らせていただいたお客様Uさんから先日夕食をお招きいただき妻と一緒にお邪魔しました。

テーブルは2mx95cm、いまではなかなか貴重なナラ材ですが、これが2枚接ぎ合わせでとれる丁度の物があったので惜しげもなく使わせていただきました。
また、椅子は定番のダイニングチェアですが座面の下にすこし木が見えるようにアレンジ、選ばれた生地とナラの相性も良くこのあと、この仕様で作る事も増えて来ました。
 Uさんはご自宅に200本以上のワインを家にストックされている大のワイン好きで、この日も色んなワインの話と共においしいワインと料理をご馳走になり、私も食べる事、飲む事が大好きなので本当に楽しい時間を過ごさせていただきました。
 こうしてよい色に育っていく様子を見られるのは店舗以外では少ないのでこういう機会をいただけると大変にうれしい事です。


 納品時は引っ越し中で写真に納められなかったのですが、綺麗にテーブルコーディネートして下さってたのでこの時とばかりに酔っぱらう前に撮影、その後、ご馳走の写真も撮っていたのですが、こちらは酔いのせいで全てボケていました・・・

こちらは後でご注文いただいたスツール

玄関で靴を履く時に座るもので、Uさんのアイデアで靴ベラが角に掛けられるようにくぼみをつけています。
実際に使ってみましたがかなり良い感じでした。
Uさんありがとうございました。

2016/12/07, 水曜日
[ 作品事例 ]

No Comments

伊勢丹サローネメンズ

昨年末、東京丸の内にオープンの伊勢丹サローネメンズ
そこに納めさせていただいた大きな木の塊をつかった展示台

納品は運送業者へお任せしたので完成を見る事が出来なかったのですが先日東京へ行った際にようやく見ることができました。
しかも撮影許可までいただきました。

デザインは㈱ムーンバランスの辻村久信さん、近所の銘木京都屋さんからの紹介で仕事をいただきました。

使ったのは京都屋さんが伐って来られた八瀬に生えていたという直径1m程度の大きなモミの原木3本を製材するところから始めました

一つの台で500キロ以上、京都の山奥に生えていた樹齢数百年のモミの木も東京のど真ん中で凄まじい存在感を発揮していました。
もう一つは撮影できなかったのですがヒノキの1尺角の大黒柱をつかった3mx90cmのテーブル

これは服などを展示するのに使われていました。

東京丸の内に行かれた際にはぜひお立ち寄りくださいね。

2016/10/22, 土曜日
[ 作品事例 ]

No Comments

ソファ

ブラックチェリーに鮮やかなピンクのファブリックのソファ

(さらに…)

2016/10/20, 木曜日
[ 作品事例 ]

No Comments

10周年

少しずつ秋めいてきて工房では夜は肌寒く感じるようになって来ました。
そろそろ扇風機を片付けてストーブを出さないと・・・

さて、タイトルにもありますようにこの9月、京北で樹輪舎 京都を始めて10年となりました。
これまで本当にたくさんの方々に支えていただき本当に感謝の言葉しかありません

以前の会社は主にケヤキなどの銘木を扱う会社で訓練校を卒業したてで全く木の知識のない私でしたが買い付けから製材、材の手入れ管理、そして家具製作までたくさんの良い経験をさせて頂きました。
ただ、営業は全くせずやってきたので独立してどうなるかなと思っていましたがこの独立前の10年とあわせて20年でたくさんの人とご縁をいただき営業無しでここまで来ることができました。

これからも人とのつながりを大切にモノづくりをしていきたいと思いますのでどうぞこれからもよろしくお願いいたします。

※写真は現在進行中のナラ材のテーブルとベンチを作る様子

樹輪舎 京都
  スタッフ一同

2016/09/24, 土曜日
[ 日々のこと ]

2件のコメント

着物 帯揚げ、帯締め、半襟収納ケース

GW始まりましたが皆さま如何お過ごしでしょうか。
さて、今日は京都のきもの屋『commonこもん』さんへ帯揚げ、帯締め、半襟などを収納する為のケースを納品いたしました。
 ケースはお客様が見やすいように天板をガラスにし、引き出しは取り出して見られるように盆引出しにしました。

 材は桐に雰囲気の似たアッシュ材を使いましたが和の空間にも馴染み一安心
 ずっと収納に悩まれていたらしく、お客様も見やすくなるととても喜んでいただけました。
 GW中もオープンされるとの事ですので着物や和装小物がお好きな方、ぜひ行ってみてくださいね。
場所 押小路新町西入ル
HPhttp://kimono-nijo.com/

2016/04/29, 金曜日
[ 作品事例 ]

No Comments

RAKU CAFE&GALLERY

宇治橋の辺に2014.12にオープンされた『RAKU CAFE&GALLERY』

こちらは京都岡崎のnoma gallery&cafeの姉妹店
設計もノマカフェと同じ藤井香織さんで、テーブルや椅子、カウンターなどを作らせていただきました。

オーナー様と藤井さんのセンスが合わさり思わず見惚れてしまう素敵なお店です。

そして今日は宇治田原へ仕事だったので帰りに年末に一周年を迎えられたお店へ挨拶がてらお邪魔してきました。
 
1年経ってブラックチェリーのテーブルや椅子、革の座面、アフリカンチェリーの大きなテーブルのどれもが色濃くなり
また、時々オイルも塗っていただいているようでどの家具も艶々と使い込まれた良い味を出していました。

お昼には少し早かったですがロコモコを注文、一番人気ということですがこれが堪らなく美味しいです。

他にもカレーや卵サンド(これも大好き!)ホットドッグなどありどれも美味しいく、コーヒーも中浅煎りと深煎りが選べます。

近くにあればいつでも通うのにな~なんて思いながらおしゃべりして楽しい時間を過ごさせていただきました。

そして2Fのギャラリースペースでは1/15日より『銀飾りひいな展』 :が開催され、すずきまみさんのお雛様が販売されます。

場所は京阪宇治駅より川沿いを宇治上神社の方へ歩いて直ぐなので是非訪れてみてくださいね。

詳しくはRAKU CAFE&GALLERY WEBサイトをご覧ください。

2016/01/06, 水曜日
[ お店紹介 作品事例 ]

No Comments

2016  仕事初め

新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

今年は例年に無く暖かい年越し、そして初日の出も拝むことができました。

ロケーションがいつもと同じなので使いまわししてるのか?と自分でも疑うところですが朝7時ころから撮ってきました。

年末年始は食べて飲んで寝ての繰り返しで作業ズボンがキツクなったので今月はばりばり働いて気も心も引き締めたいたいと思います。
さて、昨年はかなり仕事が詰まっていて結局数回しかブログ更新できなかったので今年こそは昨々年あたりからたまりまくっている作品をアップしていきたいと思います。

では皆様にとって良い一年となることを心より願っております。

お願い:ブログのコメント欄よりお問い合わせいただいた場合確認が遅れることがありますのでお手数ですがWEBの問い合わせフォームよりお問い合わせいただけますようお願い申し上げます。
問い合わせフォーム

2016/01/05, 火曜日
[ 季節のたより ]

No Comments

2015秋

秋がどんどんと深まってきました。

今日はしっとりとした雨
こういう雨は紅葉がとても綺麗に映えます

でもここのところ現場や打ち合わせでバタバタと走り回っていたので道中の好きな場所も撮れず旬を逃してしまいました。

来週はすこしゆっくり走ってみよう

昨日は予てより心配の種だったモミの原木の製材

写真は直径1m以上、長さ2.6m
他に88cm、4mなど計3本を丸一日掛けてあるものに製材

製材のおじさんやざいもくやさんのおかげでとても良い製材ができました。
前の会社では丸1日かけて製材なんてざらだったのですが(岐阜に泊り込みなんてことも)独立してからは丸一日かけて製材というのは
初めて、10年ぶりとなるハードな製材でしたが良いものが取れたこともあって心地よい疲労感で満たされました。

今週はまた大物納品があるので気を引き締めながらももう少し秋を楽しんでまいりたいと思います。

ウォールナットの本棚

ウォールナットの本棚を納品に行きました。

幅2.6m、高さ2.3mの大きなもの
ウォールナットの無垢材を贅沢につかい、黒皮のついた鉄の筋交をアクセントとしました。

設置場所はレンタルハウススタジオ(写真スタジオ)『STUDIO AOTO』のリビングスペースの壁一面
写真スタジオだけあって採光は抜群!

大判の写真集を立てたり、観葉植物を置いたりと、ブックシェルフというよりオープンシェルフという使い方のようです。

いろんなシチュエーションに使えるスタジオなのでこの本棚も素敵な1シーンを飾ってくれるといいなあ

京都・烏丸五条レンタルハウススタジオ|STUDIO-AOTO   →http://studio-aoto.com/

2015/10/13, 火曜日
[ 作品事例 ]

No Comments